MacのVirtual BoxのKali Linuxが起動しない時の対処法

Virtual Box 64bit版バージョン 6.1.14

Kali Linux (2020.03)

最初に解決したやり方を説明します。その後に症状・他に試した事を書いてます。素人説明なので大目に見てください汗

VirtualBoxとKali Linuxの導入が済んでる人向けの記事です。

ターミナルから起動する

まずKali Linuxの名前を適切な名前にします。

自分はKaliLinuxにしました。

Kali-Linux-2020.3-vbox-amd64とかKali-Linux-2020.3-vbox-amd64 1だとエラー吐きました。スペースとか記号がダメっぽい?

VirtualBoxを起動→設定から変更できます。

ターミナルからKali Linuxを起動する。

VBoxManage startvm 仮想マシン名

自分の場合は名前がKaliLinuxなので

VBoxManage startvm KaliLinux

これでログイン画面まで遷移したあと、無事にホーム画面まで行けました。

一度ターミナルから起動が成功すればあとは普通にVirtualBoxから起動できました。→virtual boxを終了した後、またターミナルからじゃないと上手く起動しませんでした。

参照:https://note.mokuzine.net/virtualbox-cmd/

症状

Kali Linuxを起動するとKali Linuxのアイコンまでたどり着いたあとにクラッシュする。

ここまで行ったあと落ちる

エラーメッセージ

You must specify a machine to start, using the command line. Usage: VirtualBoxVM –startvm <name|UUID> Starts the VirtualBox virtual machine with the given name or unique identifier (UUID).

appのクラッシュレポート

Termination Reason: Namespace TCC, Code 0x0(27行目あたり)

この当たりが気になりました。

他に試したこと

自分が試した方法と同じ順番で解説します。

素人なのでエラーメッセージとか必死にググってました汗

1.Kali Linux初回起動時にセキュリティとプライバシーの各項目をオンにする

最初に起動すると、Virtual Box.appのアクセシビリティ・入力監視を許可してくれ!って言われるので許可します。

治りません。

2.VirtualBoxVM.appのエイリアスから起動

ググってみるとDockにVirtualBox.appVirtualBoxVM.appがあるとダメっぽいらしいので

VirtualBoxVM.appのエイリアス(ショートカット)だけをDockに追加

アプリーケーション→VirtualBox.appを右クリック→パッケージの内容を表示→Contents→Resources→VirtualBoxVM.appを右クリック→エイリアスを作成→デスクトップにエイリアスを移動(一応)→ドラッグアンドドロップでDockに追加

VirtualBox.appからKalilinuxを起動したあと、さっきと同じようにセキュリティとプライバシーの各項目を許可してくれ!って言われるので許可します。

治りませんでした。

これでハッキングラボ進められる!

ハッキングラボのつくりかた って本を読んでLinuxいじろうと思ってたんですが起動しなくて困ってました!解決!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です